LAのインストゥルメンタル〜マスロック・デュオstandardsの最新アルバム日本盤リリース決定!

POLYPHIA、DELTA SLEEPのUSツアーではゲスト・アクトとしてフィーチャリング、さらに自身の名義でも既にUS/ヨーロッパツアーを敢行するなどワールドワイドに注目を集めるLAのインストゥルメンタル〜マスロック・デュオstandards最新アルバムがついに日本国内盤リリース決定!

“GUITAR WORLD”誌にて「新たに現れた才能」と評されたマルコス・メナによるテクニカルなクロス・タッピングで陽気に弾きまくるギタープレイとカリフォルニアのポジティヴなフィーリングに溢れたサウンドは、POLYPHIA、CHON、COVETらが切り開いたインストゥルメンタル・ギターミュージックの可能性を新たなステージへと導く新世代ギターミュージック!日本国内盤CD限定でボーナストラック3曲追加収録、さらに本人への最新インタビューをもとにした日本語解説付!!

Standards – "Smile" (Official Video)
Standards – "Cloudberry" (Official Video)


【standards(スタンダーズ)】
クロス・タッピングを駆使したテクニカルかつアグレッシヴなギタープレイで世界的なギター専門メディア“GUITAR WORLD”にて「新たに現れた才能」と紹介されたUS/LAを拠点に活動するギタリストMarcos Mena(マルコス・メナ)によるインストゥルメンタル〜マスロック・デュオstandardsは、ギターとドラムというシンプルなバンド編成でありながらも歌心に満ちたギターリフとカリフォルニアの爽快な風と空を感じさせるポジティヴなフィーリングに溢れたサウンドメイキングで、ギターミュージックのさらなる可能性を感じさせる新世代アーティストとして注目を集めている。ドラムには作品毎に異なったプレイヤーをフィーチャーしており、1st EP『standards』(2018/5)ではJacob Richards、2nd EP『Friends』(2019/3)にはForrest Rice(COVET)、1st Album『Fruit Island』(2020/8)はForrest Rice(COVET)とBrody Taylor Smith(SATYR)、そして 最新アルバム『Fruit Town』(2022/7)では1st Albumに引き続きCOVETのForrest Riceを迎え制作されている(Music VideoではCam Mitchellがプレイ)。また2018年に行われたPOLYPHIA、DELTA SLEEPのUSツアー/LA公演の際にはゲスト・アクトとしてブッキングされるなど1st EPリリース直後からシーンの注目を集めており、さらに自身の名義によるUS国内ツアーはもちろんのこと、2019年と2022年にはUK、ヨーロッパツアーも敢行するなどワールドワイドな活躍が期待されているアーティストである。

standards_Fruit Town
【リリース情報】
アーティスト:standards / スタンダーズ
タイトル:Fruit Town / フルーツ・タウン
発売日:2022年10月19日
品番:PCD-94132
定価:CD ¥2,640(税抜¥2,400)
レーベル:P-VINE

【収録曲】
1.Smile
2.Cloudberry
3.Cherry
4.Snack
5.Coconut
6.Sakura
7.Cosmic Dream
8.Bubble Bath
9.8bit
10.Melon
11.Acai
12.Smile (8bit Remix)*
13.Cherry (Demo)*
14.Fizzy (Deleted track)*
*日本国内盤CD限定ボーナストラック

スポンサーリンク
レスポンシブ広告
スポンサーリンク
レスポンシブ広告